ゆとりのゆーとおり。

日常を切り取る(=意識高い)ことを意識低めでやるブログ 。旧タイトルは「ぶーぶーの雑記帳」です。

とりあえず右足のすね毛を剃るところから。

 

23時。大抵の場合、僕はみすぼらしいまでに水カビが生えて黒ずんだ浴室にいる。

大体はいつもこの時間に風呂に入るのだ。

そして、食事を済ませてから、25時くらいまでダラダラとしている。

 

それが僕のライフスタイルだ。

今日は少しだけいつもと違ったから、この余暇時間を使って糞のような文を紡ぐとする。

 

(閑話休題)

 

だいぶ前のエントリで「キラキラしている人たちの集まり」に参戦したというような話をした気がする。いや、まぁ兎にも角にも、それは、意識の高い方々の集まりだった。

 

そんな彼らの共通項とも言える、ターニングポイントというかイベントが一つあって、それが、こう僕の中では「キラキラ」している人達の自信の源みたいに見えていた。

 

イベント名が人数で括られているネーミングゆえに、僕からすれば、参加した人たちが、「選ばれた人たち」感で、とてもまぁなんかキラキラしているように見えた。

 

そもそも、そういうものとは無類の存在として人生の底辺の暗夜行路を黙々と寡黙に伏して生きるつもりであったからだ。

 

(中略)

 

 

まぁ、そのイベントが今年もあるのだ。

 

去年の中旬くらいから僕も一つの肩書きを得て、ぼんやりとその提灯を掲げながら約半年、ひたすらに先の見えない光の道を歩いてきた。というよりも夜目で鳥目なのだろう、そこまで眩しくない道だったかもしれないが、もう僕の中では全て、目眩がするほど眩しい光景ばかりだった。

 

そして、何の因果か、そのイベントに僕も関わることになった。 いや、「なった」というよりも「した」のだ。最終決定は自分で行ったし、何よりこれは自分の選んだ道である。

 

しかし、相も変わらずに「前」が、とても輝かしいものだ。ゆえに前は見えていないし、この道がどこに続くのかもわかっていない。

 

そんな輝かしい場に、日陰者が立つのだ。

無理も承知で立つのだから準備を進めているが、とてもじゃないが分不相応で、今までのように「それなり」に「卒なく」普通にやれることではない。

 

(中略)

 

そんなこんなで自問自答をしている。

「やる」のか「やらない」のか

こんなことは答えは出している。

「やる」のである。

 

やり始めた以上は「やり続ける」ことしか道はなくて、それ以外は「中途半端」なのだ。

 

今は目が慣れるまでやり続けるべきだし、いつか光が差す方に立ち、背中に後光を背負えるようになるためのレベリングである。

 

そんなことを考えているうち、気が付いたらか僕は右足のすね毛を全て剃っていた。意味は無いし、なんのセルフケアにもなっていない。

 

きっと、全身がツルッツルになる頃には、僕はこの黒ずんだ風呂場も綺麗にしているだろうし、暗がりの中からも出て、心も体も解脱するような気がする。よく分からないけど、そんな気がするのだ。

 

だから今日は。

とりあえず右足のすね毛を剃るところから。

 

始めていきましょうか。

よく分からないしことだらけだけど。

 

 

2017年が終わるからどうしたってんだ。

1年が始まって、1年が始まる。

はっぴーにゅーいやー 的なやつとか

今年もお世話になりました的なやつとか

 

そんなもんがどうしたんだよ、どうせ、また来年も顔を付き合わせてくんだろーよ、僕らは!!と思っていた時代なんて、もう懐かしいもので、今となってはこの年の瀬は何だかとても愛おしいものにすら感じる。

 

まぁそう思えるのは、年をとってきているということでもあるだろうし、仕事だったり私生活で「お世話になる」ことが増えてきているっていうのもあるんだと思っている。

 

それにしても2017年は本当に色々あった。

去年の年末の自分に

「おい、お前が進もうとしている道は割りとえげつないくらいに凄い道だぞ」と。

やんわりとお伝えしておきたいくらいには凄まじい1年だったと思う。

記事を半年で100本近く出し、テレビ関係の方と同じ席に立つ場面も何度か頂き、私生活の方もまぁ、割と満足というか人並みには幸せなことになっているわけなのだ。

 

もう2017年は僕において人生のターニングポイント的な1年だったんだと思う。

 

人生において落伍者となったターニングポイントがちょうど2007年くらいだっただろうか。

 

それからまぁこれまで、特に幸せなどをさして求めるわけでもなく刹那的に生きていきた僕だ。

コロリと死んでハイ、人生終了おやっとさあ!

というような感じでいいかなと思ってきたから、さして上昇志向もなく、意識の高い人々や成功者などを「ほーん、住む世界が違うわな」と底辺から、遠くで輝くイルミネーションのようなものを見るかのように生きてきたわけだ。

 

ふと、今年を振り返る。

キラキラと輝く人達や夢を追う人が近くにいたのは思春期とかの学生の頃ぶり、かれこれ10年振りだったのだけれど、それを見て純粋に勇気や元気を貰えた1年だった気がする。

 

もしかしたら、僕自身に上昇志向というものが、欠落していた色んな何かが少しずつ取り戻されているのかもしれない。

 

最近思うことの一つが「ここからなのかもしれない」ということで、歩みを止めていた幾数年分を一気に巻き返すべき時なのかもしれないということだ。あと数分そこらで2017年が終わる。だから、どうしたってんだ。

 

だから、どうしたってんだ。

2017年が終わるからと言って歩みを止めるつもりはないし、これまでのぶん、2018年も走り続けなければいけないのだ。

 

だからどうしたってんだ。

2017年がおわるからどうしたってんだ。

 

やり遂げた、やり切れた1年ではないけれど、まだまだやることもいっぱいあるし、やりたいこともいっぱいあるし、それを2018年にやっていくだけの話なのだ。

 

きっと、

2017年が終わるからどうしたってんだ。

って言えるようになった理由の一つは

 

そんなもんがどうしたんだよ!!

どうせ、また来年も顔を付き合わせて仕事してバカやっていってこーぜ!!

 

って言ってくれる人が増えたのもあるんだろうなあ。いやぁ、いい年だった。

 

 

2017年が終わるからどうしたってんだ。

昔より前向きに この一言を言いたい。

 

というわけで、今年も一年お世話になりました。本当にありがとうございます。来年も皆様よろしくお願いします。

 

 

キットカットが僕と彼女の関係をシャットアウトしかけた話。

思い出したから書くし、どうせそのうち思い出せなくなるから書こう。

まぁこれも記憶が曖昧だから「フィクション」ということでOKだ。

 

高校3年生の春先のことだった。

当時、僕には彼女的なものがいた。

いや彼女だわ。うん。

ここは言い切っておこう。

その子は別な学校に通っていたから、放課後の2時間そこいらだけが「青春のひと時」を送る、特別な時間だった。

決まって僕らが過ごすのは、
お互いの都合(門限とか)もあって、とある某大型商業施設だった。

 

続きを読む

恋人が死んだ夜、世間では「セカチュー」が流行っていた。

そう、セカチューだ。
今日の話には「セカチュー」が大きく絡んでくる。

 

ピカチュウではない、「セカチュー」だ。
「世界の中心で愛を叫ぶ」だ。

 

続きを読む

巷を賑わしている「お祝いポルカ」について感じたこと。

書き出しは突然に。

 

さておいて、今日はタイトルの通りに「巷を賑わしている『お祝いポルカ』」についての僕が感じたことやらなんやらを書く。無論、書かないで心のうちに閉まっていた方がよほどに「敵を作らない」し、「誤解もされない」のだけれども。それはそれで、何だか今回の騒動で矢面に立っている人に対して、ある種の引け目を感じてしまうから書く。もはやこれは僕のワガママだ。

とはいえ、僕はその騒動の渦中にはいないし、傍観者と言うほども直面はしていないから、これから書くことに正当性やら信憑性に欠ける部分も勿論にある。どちらかと言うと、この騒動を見ていて「心が叫びたがっている」から書くわけだ。

 

まぁ、ワガママなのだ。これは僕の身勝手だ。

というわけで付き合いたくないなという方は読まなくても良い。

 

続きを読む

どうぶつタワーバトルをやると自分の人生のダメさに気付くかもしれない。

アローラ! 私です。

最近の私は、「アローラ」とか言いながらウルトラサンムーンほっぽりだして、スプラトゥーンやソシャゲに精を出しているダメな人生です。マジでウルトラクズ。

 

さておいて、最近流行りのアプリにありますよね。

そう、どうぶつのアレ。

うん、そう「どうぶつ」のアレだよアレ。

続きを読む

Webメディアのライターになって半年くらいになったのだけれども。

だけれども!!!

 

続きを読む