ゆとりのゆーとおり。

日常を切り取る(=意識高い)ことを意識低めでやるブログ 。旧タイトルは「ぶーぶーの雑記帳」です。

2017年が終わるからどうしたってんだ。

1年が始まって、1年が始まる。

はっぴーにゅーいやー 的なやつとか

今年もお世話になりました的なやつとか

 

そんなもんがどうしたんだよ、どうせ、また来年も顔を付き合わせてくんだろーよ、僕らは!!と思っていた時代なんて、もう懐かしいもので、今となってはこの年の瀬は何だかとても愛おしいものにすら感じる。

 

まぁそう思えるのは、年をとってきているということでもあるだろうし、仕事だったり私生活で「お世話になる」ことが増えてきているっていうのもあるんだと思っている。

 

それにしても2017年は本当に色々あった。

去年の年末の自分に

「おい、お前が進もうとしている道は割りとえげつないくらいに凄い道だぞ」と。

やんわりとお伝えしておきたいくらいには凄まじい1年だったと思う。

記事を半年で100本近く出し、テレビ関係の方と同じ席に立つ場面も何度か頂き、私生活の方もまぁ、割と満足というか人並みには幸せなことになっているわけなのだ。

 

もう2017年は僕において人生のターニングポイント的な1年だったんだと思う。

 

人生において落伍者となったターニングポイントがちょうど2007年くらいだっただろうか。

 

それからまぁこれまで、特に幸せなどをさして求めるわけでもなく刹那的に生きていきた僕だ。

コロリと死んでハイ、人生終了おやっとさあ!

というような感じでいいかなと思ってきたから、さして上昇志向もなく、意識の高い人々や成功者などを「ほーん、住む世界が違うわな」と底辺から、遠くで輝くイルミネーションのようなものを見るかのように生きてきたわけだ。

 

ふと、今年を振り返る。

キラキラと輝く人達や夢を追う人が近くにいたのは思春期とかの学生の頃ぶり、かれこれ10年振りだったのだけれど、それを見て純粋に勇気や元気を貰えた1年だった気がする。

 

もしかしたら、僕自身に上昇志向というものが、欠落していた色んな何かが少しずつ取り戻されているのかもしれない。

 

最近思うことの一つが「ここからなのかもしれない」ということで、歩みを止めていた幾数年分を一気に巻き返すべき時なのかもしれないということだ。あと数分そこらで2017年が終わる。だから、どうしたってんだ。

 

だから、どうしたってんだ。

2017年が終わるからと言って歩みを止めるつもりはないし、これまでのぶん、2018年も走り続けなければいけないのだ。

 

だからどうしたってんだ。

2017年がおわるからどうしたってんだ。

 

やり遂げた、やり切れた1年ではないけれど、まだまだやることもいっぱいあるし、やりたいこともいっぱいあるし、それを2018年にやっていくだけの話なのだ。

 

きっと、

2017年が終わるからどうしたってんだ。

って言えるようになった理由の一つは

 

そんなもんがどうしたんだよ!!

どうせ、また来年も顔を付き合わせて仕事してバカやっていってこーぜ!!

 

って言ってくれる人が増えたのもあるんだろうなあ。いやぁ、いい年だった。

 

 

2017年が終わるからどうしたってんだ。

昔より前向きに この一言を言いたい。

 

というわけで、今年も一年お世話になりました。本当にありがとうございます。来年も皆様よろしくお願いします。