ぶーぶーの雑記帳

日常を切り取る(=意識高い)ことを意識低めでやるブログ 。

いちき串木野に2年住んで分かったことのハナシ。

チョッキプリィィィィィィ!!!!

(※特に意味はありません)

 

 

さて、私は一昨年から「いちき串木野市」に住んでます。

理由はといいますと・・・

 

【建前】

・「まち」のことを知るには「まち」に住まなきゃ!!

・  もっと「まち」に親しみたい!!

 

【本音】

・ 朝起きるのが辛い(鹿児島からは40分~60分)

・ 帰るのが辛い(主に突然に来る尿意のせいで)

・ そもそも交通費が出ないので、あまり費用的に差がない。

 

 

というわけで、JRくしきの駅近くに居を構えましてね。

そこで色々なことが分かったのでポツポツ書いていきますよ。

 

家を借りる時はネットより直接不動産屋に聞くべし

当たり前のことですね。もちろん、この情報化社会ですから

ある程度は物件情報なんかも載っています。

suumo.jp

f:id:bu-bu-karon:20170409172214j:plain

 

めっちゃ少ないんですけどね。

 

昔、私も大学の時に物件探しをしたんですが、その時に

「不動産会社さんは物件を共有しているようなもの」というようなことを聞いたことがあります。セールストークの一つだったのかも知れませんが、事実として実際はそんな感じのようです。(※詳しいことは下のリンクでも見てちょうだい)

 

www.kurachic.jp

 

とどのつまり大家さんが複数掲載を頼んでるかどうか、ってのが重要なファクターになっているんですね。で、いちき串木野市はどうかというと、勿論に大手さんと提携している物件もありますが、そういうケースでないものもあります。

 

と、いう訳で地元の不動産屋に行きましょう。

非常に親切ですし、いっぱい物件を紹介してくれます。

ちなみに引越前に私は鹿児島市内の不動産屋さんで一度、物件探しをしたのですが、やたら自社物件のゴリ押しと「成約はよ!」みたいな空気にブチ切れて、「ふざけんな!帰るわボケ!」というケースがありました。

 

というわけで、地元の物件は地元の不動産屋に聞きましょう。

ある程度の田舎感ある町ならコレはどこでも通用します多分。

 

物件選びのポイントについては書きませんが、この町では

マンション・アパートが少ないので、同じ値段で家が借りれます。

 

私の場合はとりあえずマンションにしました。

もちろん、後で痛い目を見ましたのでお楽しみに。

 

まちのことは外を見ないと分からない

で、気付いたことなんですけど少し家賃相場やら物価の相場が想像以上に高かった。

理由に関しては色々とあるし、書けない事情もあるのでボカシます。

 

まぁ、当たり前ですが需要と供給ですね。

同じ系列スーパーでも隣町の方が値段が安かったりします。

ガソリンもちょこっと高めに感じます。

あと一番ビビるのが「魚」についてです。

 

捌ける人が多いというのもあるのでしょう。

ナチュラルに大きな魚がドーンって売ってます。

カルチャーショックを感じました。

 

最近になって(?)

すき家が出来ました。念願の24時間営業店舗です。

飲食店では市来の湊町のジョイフルとココだけが24時間営業です。

聞くところに依れば、この町では飲食チェーンが軒並み撤退する風潮があるようです。

さすが「食のまち」です。並大抵のお店じゃ太刀打ち出来ない「味」があるんでしょうね。ちなみにチェーンであろうが個人店であろうが飲食店には「食のまち」の認定証みたいなのが飾ってあります。

ほっともっとにも、ほっかほっか亭にも飾ってあります。

非常に面白いですよね。

 

呑み食いが娯楽といっても過言ではない。

そのまんまなんですが、この町にはビリヤードもネットカフェもありません。

あるのは2種類の玉屋とカラオケ店です。

ちなみに駅前には2種類の玉屋さんが並んでいます。

2つの玉というと大事な◯玉を想像しますが、お察しの通りに(??)ゴールデンボウルというボーリング屋さんと赤玉というパチンコ屋さんがあります。

ゴールデンボウルの中にはゲームセンターもあります。

そう考えるとめちゃくちゃ都会ですよね。

 

子どもと親子はゴールデンボウルに行き、

オトナは赤玉に行くんです。

 

何だか卑猥に感じたアナタは悔い改めてください。

 

ちなみにパチンコ屋さんは

赤玉・ゴールデン八光・HEIWAがあります。

 

そしてカラオケ店ですが、大衆向けのカラオケ店は先日、ついに市内に1つだけになってしまいました。スナック的な要素のあるカラオケ屋さんはいっぱいあります。

居酒屋もあるし、女の子と飲めるムフフなお店もあります。

十分に楽しめます。

 

大自然が身近にあるんだよ

そして、この町のもっとも素晴らしいのが

「自然が身近にある」ということです。

駅前から10分も車を走らせれば「山」か「海」のどちらかにブチ当たります。

これがまた綺麗なんですよ。本当に。

夜になれば星空は綺麗ですし、夕焼けの美しさは県内随一だと思います。

本当に写真家など芸術家の方が住むにはステキな所です。

 

ただ自然が身近ということは、その脅威も身近にあるということでしてね。

 

先程、物件選びで失敗したハナシをしましたね?

今からそれをお伝えします。

 

2015年8月25日未明にそれは起こった。

何があったって台風ですよ。

住み始めて3ヶ月。ようやく家財も揃ってきた矢先にそれは起こりました。

まぁこの年の台風は本当にすごかったですからね。

 

matome.naver.jp

 

それでどうなったかというとコチラです。

 

f:id:bu-bu-karon:20170411105942j:plain f:id:bu-bu-karon:20170411105939j:plain

f:id:bu-bu-karon:20170411110121j:plain f:id:bu-bu-karon:20170411110205j:plain

 

ただの汚い部屋(汚部屋)に見えますが、

上のガラスが割れたせいで、家の中に台風が入り込んでしまったんですね。

それで彷徨う暴風がガラスを叩き割って通過していきました。

家の中のものは全て綺麗に四隅に消し飛ばされていました。

 

台風「ちょっと通りますよ」

 

である。流石に「死ぬ!」と思ってなくなく避難しました。

雨戸がない家を選んでいたこと、山から吹き下ろす風が直撃するような位置に所在してることが相まってこんなことになったんですね。

これからというもの物件を探す人(知り合いとか)には必ず

 

雨戸があるマンションを選べ、リアルガチで。

 

と豪語しています。

 

 

この町に住んでて良かったこと

そもそも避難所がある、そしてその避難所を「防災無線」で流してくれるのが素晴らしいところですよね。

避難所で見知らぬご婦人(ALL還暦超え)と話したのは今でも思い出に残っています。

「何十年ぶりかの酷い台風だ」みたいなことを話していました。

 

はてさて、一睡も出来ぬまま

ボロボロの身体で、早朝に何とか家に帰ってきたのですがそこからが大変です。

 

・窓ガラスが道路に向かって今にも落ちそうになっている

・家の中がめちゃくちゃで家財が全滅した

・なんというかヤヴァイ。

・おなかすいた

・ねむたい

・あれ仕事いけなくね?

 

朝4時の凄まじい時間でしたが緊急も緊急だったのでソッコーで上司に連絡を入れて、

「ごめんなさい、休みます」と伝えました。

さて、戻ってきて、ガラスを何とかしようとしたのですが

素人の私にはどうしようもなかったです。

ガラスを叩き割って下に落とすにしても交通整理が必要だし、万が一でも下に落ちたら首がスパーンって飛ぶくらいには、このガラスは重かったんです。

 

そこで私は大家さんに相談して、「消防」に電話を入れました。

(朝6時から対応していただけるというのも地元ならではですよね)

 

私「ごめんなさい。台風でガラスが・・・」

 

消防「自分で何とか出来ない?こっちも瓦やらなんやら、ドアが開かなくなって密室状態になっている人とかでキャパオーバーや・・・(意訳)」

 

私「下が道路で落ちたら人が死にます(意訳)」

 

消防「わかった、なんとかするね」

 

そして十数分後、駆けつけて頂きました。

皆さんお忙しいというのに・・・迅速な対応で交通整理・ガラス除去をテキパキとして頂きました。本当に感謝ですよ・・・。

 

そして、7時になりましたので私はホームセンターに行きました。

いいですね。ここはホームセンターが近場に2件あってどちらも早朝から開いてます。まだガラス業者もしばらくは来れないということだったので、手前味噌で修理をしました。

その後、迅速な対応で保険屋・ガラス屋・建具屋・畳屋などが手配されていき、地元業者さんということで色々と融通を効かせて頂きました・・・。

 

さらには知り合いの方からも気にかけて頂いて、

人の温かさを知りました・・・。

 

いやー・・・本当、ここに住んでて良かった!と思いましたね。

 

結論

やっぱり日本一、「i」がいっぱいということだけあって、

温かい町ですよ。本当にここは。

bu-bu-karon.hatenablog.com

 

まだまだ語りたいことはあるのですが

だいぶ長くなってきたので続きは次回!!

 

ではでは!!またね!