読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶーぶーの雑記帳

日常を切り取る(=意識高い)ことを意識低めでやるブログ 。

かんむりだけ山市に行ったら、またリヤカーを見つけた話。

皆さん、どうも!! いきなりの質問から今日はスタートです。

 

さて、当たり前のことですが、毎年、11月23日は勤労感謝の日
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨として制定された国民の祝日です・・・が!!

 

Q:皆さんどうですか?お仕事でしたか?


まぁ、私は仕事だったんですけどね!!

 

はい。まぁ元々、この勤労感謝の日のベースに新嘗祭(にいなめさいorしんじょうさい)というのがありまして・・・ざっというと「農作物へのありがたみを感じる日」だったわけです。

ちなみに新嘗祭について知りたいって方向けに、恒例のwikipediaを置いておきます。

新嘗祭 - Wikipedia

 

で、ここいちき串木野市のある地域には「市民(町民)の祭日」ともいえるイベントがあります。それが、「かんむりだけ山市物産展」です。

「かんむりだけ山市物産展」

※イベントについては↑が参考になりますのでご参照下さい!

 

といういつもの前置きは、さておき。

 

行ってきましたよ!!!

 

f:id:bu-bu-karon:20161123165902j:plain

 

ワーメッチャオオイ-・・・実は私人混みが苦手です。

 

f:id:bu-bu-karon:20161123170018j:plain

 

いきなり入り口から「とんでもねぇレベル」のことが書いてありました。

「ばばあ」というド直球ストレートな発言。

しかも「握手したら長生きする」という謎のエナジーチャージ能力

 

ちらっと調べたら書いてありました。

 

 摩訶不思議すぎるでしょ・・・

 

なるほど。うん、どこかで会えたら嬉しいな~!!
寿命ね、のびたらいいな~!!くらいの「甘い考え」でいきましょう。

私はあまり期待しない主義でございます。

 

さて、中に入っていきましょう。

中に入るやいなや謎の音が聞こえます。

 

例えていうなれば「デカい屁の音(のような音)」

 

牛の体重当てコンテストがあったので、その屁の音か?と思いましたよ。

 

f:id:bu-bu-karon:20161123170942j:plain

 

残念ながら(?)違いました。

「法螺貝吹きコンテスト」だったようです。

ホラ・・・ホラ・・・んんん?

(もしや例のBBA効力は「ホラ話」ってネタなのか!?)

f:id:bu-bu-karon:20161123170747j:plain

 

まぁ、そんなことはないですよ。うんきっと。

会場内は「物産展」の名の通り、出店が立ち並んでいます。

 

ステージ横には地元女性部の「お食事処」がありました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161123171221j:plain

 

なるほど。「ち ち ん ん」ですか、なるほど。

※角度によっては、とんでもない下ネタなアナグラム

f:id:bu-bu-karon:20161123171400j:plain

 

そのすぐ先には無料で温かい「黒みつ湯」なるものを配っていました。

湯茶なのか、黒みつ湯なのかよくわかんないな!!

f:id:bu-bu-karon:20161123171615j:plain

しかも、お湯はこのデッカイ釜でシュンシュン炊いている。

あー・・・すっごいうまそう。

f:id:bu-bu-karon:20161123171628j:plain

 

そして、その近くには、何だか「紳士的欲望」を刺激する旗がありました。

敢えて言いますが、言及は控えます。

f:id:bu-bu-karon:20161123171914j:plain

 

その薩摩の「あげまん」なnanaの正体はというと・・・

 

f:id:bu-bu-karon:20161123172135j:plain

 

・・・なるほど。

ちなみに、めっちゃ美味しかったです。

まさか「さつまあげ」×「あんこ」がこんなに合うとは思いませんでした!!

 

それにしても・・・今日は、「狐に化かされてるのか?」というくらい変なものばかり目に入ります。

 

「こんにゃく」ならぬ「かんにゃく」や・・・

f:id:bu-bu-karon:20161123172446j:plain

 

さつまあげの常識を覆す、スティックタイプな「さつまあげ」や・・・

※めっちゃ美味しかったので、今度単独で記事にしようと思います。

f:id:bu-bu-karon:20161123172615j:plain

 

ちょっと賞品がガチすぎる「じゃんけん大会」の看板や・・・

f:id:bu-bu-karon:20161123172923j:plain

 

そして、タイトルにもあったように「リヤカー」です。

f:id:bu-bu-karon:20161123173045j:plain

 「また」という表現がピンと来ない方は下記記事をご覧下さい。

bu-bu-karon.hatenablog.com

 

・・・リヤカー大好きすぎでしょ(困惑)

 

少し、心身ともに自信がなくなってきたので、ふらっと紅葉を見て心を落ち着かせることにしました。(実際は人混みに酔っただけです)

 

f:id:bu-bu-karon:20161123173519j:plain

f:id:bu-bu-karon:20161123173537j:plain

f:id:bu-bu-karon:20161123173554j:plain

f:id:bu-bu-karon:20161123173613j:plain

f:id:bu-bu-karon:20161123173625j:plain

f:id:bu-bu-karon:20161123173642j:plain

 

まだ完全に色付いているわけでもないですが十分に綺麗。

かんむりだけ=霊山ということもあり心も浄化された気がします。

この様子だと11月27日(日)くらいには丁度、見頃なのかなと思いました。

 

さて、会場に戻ります。

 

・・・!!??

 

なんかいました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161123173917j:plain

 

お・・・!!??

f:id:bu-bu-karon:20161123174137j:plain

 

龍がおる!!? 龍がおる!!!

 

f:id:bu-bu-karon:20161123174021j:plain

 

どうやら、この方々は「長崎」よりいらっしゃった方だそうで・・・。

「長崎龍(じゃ)踊り」というものなんだそうです。

今年で「かんむりだけ山市」への参加が連続20周年記念ということだそうな・・・

 

(正直、途中から「ロマン長崎」の女の子を見ていたのは内緒です)

 

f:id:bu-bu-karon:20161123175100j:plain

 

((かわいすぎませんか??))

 

f:id:bu-bu-karon:20161123174705j:plain

 

ちなみに「龍踊り(じゃおどり)」については以下をご参考に。

 

www.nagasaki-tabinet.com

 

そして超絶かわいい!!ロマン長崎の子はこの子ね!!!!

nitca.at-nagasaki.jp

さて、取り乱しました。

 

その後のステージでは「初代:うたのおにいさん」こと、田中星児さんのミニライブがありました。

f:id:bu-bu-karon:20161123175915j:plain

 

隣の「おばちゃま」がとってもキレッキレなダンスをしていて凄かったです・・・

(どっちがメインなのか分からなくなるくらい目立ってました)

f:id:bu-bu-karon:20161123175911j:plain

 

 

そして。

 

 

私は最後まで「ばばあ様」には会えませんでした。

 

 

 というわけで!!帰宅後、少し調べてみました。

そしたら出てきましたよ!ツイッターってすげえっすね!!

 

 

f:id:bu-bu-karon:20161123180426j:plain

(画像はお借りしました)

 

ちょっとタスキまで使って「かんむり嶽ばばあ」呼ばわりなのは、正直なところ可哀想な気もしますが、めっちゃ笑顔で手を差し伸べてくるそうで。

 

どうやら伺ったところ、この方。

今年から任命(?)された「三代目:かんむり嶽ばばあ」なようです。

 なんかもうすごくて言葉がでませんね。

 

(来年こそは、BBAと握手して寿命伸ばさなきゃ・・・)

 

来年も「冠岳やまいち物産展」は!!!

11月23日(祝)に開催!!!!

 

行くしか無いでしょ!!?

 

というオチの弱い話。

※徐福伝説とか宗教関係を書くと長くなるので今回は割愛しました。

 

それでは今日はこのへんで!!

 

醤油について学ぶために直売市に行ったのに何故か「アート」に惚れた話。

先日、青森の友人に「とりのタタキ」を送りました。

鹿児島とか南九州の文化ですよね。鶏の生食って。

そこで、「どうやって食べるのがウマいか」について語ったんです。

 

私「醤油に生姜やニンニク溶いて、食べるとウマいよ」

友「鹿児島の醤油って甘いんですよね?」

私(そうだった・・・)

私「送りますねwwwwwごめんなさいwww」

友「実は鹿児島の醤油使ってるんですよ!大丈夫ッス!」

 

私、一生の不覚をとるところでした。

忘れていました。こっちの「醤油」の「甘さ」を。

 

「醤油について学ばねば!!」

 

というわけで

百聞は一見に如かず!!

美味しく楽して学ぶために(!?)

いちき串木野市にある吉村醸造さんの「直売市」に行ってきました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119165239j:plain

 

テントの「サクラカネヨ」のフォントがふぉんと(本当)に好きです。

なんというか佇まいも黒に決めててオシャレな感じ。

 

元々、倉庫というだけあって非常に天井が高いですね。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119165541j:plain

 

「直売市」という名称なのですが、醤油オンリーなわけではなく色んなお店が立ち並んでいます。流行りの言葉で言えば「マルシェ」ってとこですね!!

 

『私、女に生まれてたら絶対にこういうのが好きな「minne系女子」になりたかった!!!!!』と思うくらい可愛い手作りアクセのお店や・・・

 

f:id:bu-bu-karon:20161119165713j:plain

 

そのシャレオツさ、美味さ、全てが高水準の「旅する丸干し」も出品されてました。

(知らない~!って人は覚えてた方がぜったいイイヨ。)

f:id:bu-bu-karon:20161119165653j:plain

 

そしてお隣、日置市「ゆのもと」湯之元せんべい」も・・・

(ココの「ぬれどら焼き」もめっちゃウマいぞ!!)

f:id:bu-bu-karon:20161119165702j:plain

 

元気なウンチ(!?)が出てくるらしいモノを販売しているところや・・・

f:id:bu-bu-karon:20161119170506j:plain

 

珈琲屋さんやパン屋さんなど・・・・

f:id:bu-bu-karon:20161119170655j:plain

 

姶良の新ブランド食(と勝手に思ってる)の「アゴ肉焼き」や・・・

f:id:bu-bu-karon:20161119170822j:plain

めっちゃ「カルシウム」豊富みたいだから、本気で知り合いに食べさせたくなった渡り蟹の唐揚げなど・・・・

f:id:bu-bu-karon:20161119170943j:plain

 

鹿児島のソウルフード「吹上庵の蕎麦」&醤油屋さん(ガチ勢)の作る「しんこだんご」なんかもありましたが・・・こちらは売り切れていました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119171521j:plain

 

これで全部じゃないですよ!!他にもめっちゃいっぱいありました!!!!!!

やばい!すてき!はんぱない!!!(※語彙力を消失しました)

 

さて・・・皆さん、写真を見て何か気付きませんか?

(え?今日も写真ヘッタクソだね?って、違う!そうじゃないよ!)

 

これです。これ。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119171312j:plain

 

そう!ここの直売市では、醤油屋さんならでは!

このケース(ビールケースみたいなやつ)が会場の至るところにあるのです!!

 

本題に戻りましょう。

今日は「醤油について学びにきた」のです。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119171847j:plain

 

これでは本末転倒です。

ここで僕がガラクタとして売られても、反論できないレベルです。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119172135j:plain

f:id:bu-bu-karon:20161119172139j:plain

(たぶん、ポリ缶より使い道がないガラクタになれる気がする)

 

しかし、何が問題ってこれです。

サクラカネヨさんの生んだ第3のソースで作られた!!

「焼きそば」の誘惑がヤ・バ・イ。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119172454j:plain

 

ヤ・バ・イ・Z・O ♡

f:id:bu-bu-karon:20161119172505j:plain

 

(え、もうこれで学んだことにしていいよね?ダメ?)

 

嗚呼あああああぁぁぁぁっぁぁぁぁ!!!

 

閑話休題

 

お向かいにある、直売所にやってきました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119165252j:plain

 

ここでは「醤油」ソフトクリームや、パフェなどといった変わり種はもちろんのこと、シンプルに醤油・味噌も買える直売所です。

最近、おにぎり屋さんも始めたそうです。

更に、ここには「ギャラリースペース」も併設されています。

(文体が淡々としているのは仕様です)

 

ギャラリースペースではこのような「サクラカネヨ」さんのオリジナルグッズも販売しています。めっちゃ欲しい。

f:id:bu-bu-karon:20161119174842j:plain

 

個人的にはエコバッグに缶バッジつけてぶら下げて歩きたい。

お値段もリーズナブル価格。買う。買っちゃう。

(海外に行ったら、めっちゃモテそうだし!!)

f:id:bu-bu-karon:20161119174849j:plain

 

そして、一際!

僕のハートに刺さったのがコレ。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119175127j:plain

 

かわいすぎるでしょ・・・やばい(27歳男性のお言葉)

 

ちなみに、今回の直売市のイベントチラシも可愛かった。

 

f:id:bu-bu-karon:20161119175425p:plainf:id:bu-bu-karon:20161119175451p:plain

「みそすくい」とかいう謎の背徳感を得られそうなイベントや

「味噌屋ひばり」なる謎アーティストが気になりますが・・・何より、このイラストのタッチがほんとにもう・・・。

 

なにこれ、めっちゃキュン×2する(27歳男性のお言葉)

 

 

実は、めちゃくちゃ醤油についてもお店の人に聞いて、

実際に買ったりもしたんですけど、そんなことより・・・・

 

可愛さがヤ・バ・イ!(27歳男性のお言葉)

 

一緒に行った上司に「!?」って不審がられるくらいには悶絶してました。

 

というわけで次回も行きます。

そして、醤油を買います。そして今度はこのポストカードとか買います・・・。

(上司の前でこれを買う勇気はなかったんや・・・)

 

「醤油について学ぶ」ということですが、その知識を皆さんに

僕がダラダラここで書くより見てもらった方が早いと思いますのでHPをここに掲載しておきますね!!(百聞は一見に如かず!です)

 

sakurakaneyo.com

 

ちなみに次回開催は来年の2月19日(土)のようです!!

 

皆さんも行ってみてはいかがでしょうか!!

ではでは!!今日はこのへんで!!

 

※ちなみに焼きそばは美味しく頂きました。勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

ヲタク(私)がイケメン新鋭切り絵師に切り絵を習ってきた話

どうも私です。

 

いきなりな話題ですが、皆さん、切り絵って知ってますか?

私「あー紙を切って貼る奴?」→それ多分ちぎり絵

 

違います、切り絵ってのはこんなやつです。

 

(※恒例のグーグル先生にご協力頂きました)

 

f:id:bu-bu-karon:20161114144053j:plain

 

ちなみに詳しい解説はコチラです。(恒例のwikipedia先生)

切り絵 - Wikipedia

 

ざっというと黒い紙を切り抜いて、陰影のように仕立て上げるような感じですね。

 

で、私が見かけたのがコレ。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114144552j:plain

 

「うひょ~!!ぜったい楽しいパターン!」

 

と、ひと目見た時から思いましたが、いかんせん(手先と顔に)自信がない。

この切り絵師さん、イケメンなんですもの!

ヲタク()はこういう人はチョット、苦手ネ!!

 

しかも名前で検索したら、こんな記事も出てくる。

 

www.nhk.or.jp

netmover.jp

mall.373news.com

 

めっちゃすごい人ですやん・・・

 

これは諦めざるを得ないかな・・・・

 

 

私「あ、もしもしーチラシを拝見したんですが・・・」

 

 

とか言いながらホイホイ電話して予約しました。

だって気になるんですもの!!

逆に私でも出来たら、みんな出来るって指標になるでしょ!!

 

ちなみに私の美術的センスはこのレベルです。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114150019j:plain

(これは・・・ひどい)

 

でも私はハイパーデジタルゆとりっ子ならではの技術がありますからね。

これをこうして・・・

 

f:id:bu-bu-karon:20161114152848j:plain

 

f:id:bu-bu-karon:20161114152904p:plain

 

 

そして・・・こうだ!!!

 

f:id:bu-bu-karon:20161114152946j:plain

 

OK!多分。(大丈夫とは言っていない)

 

というわけで謎の自信を得たのでサクッと申込みました。

 

(ちなみに電話で問い合わせてから、その日に日程が決まりました。早い!!)

 

そして、当日。

 

こちらが件のアトリエさん。

なんかビーチハウスみたいなオーラがある・・・。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114153340j:plain

 

中にはこんな「おシャンてぃ」な切り絵もありました。

わっぜこまかい。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114154109j:plain

 

ちなみに、ここからは、他の参加者との兼ね合いで写真などは少なめです。

 

さて、その前に切り絵のシステムについてお話しましょう。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114155706j:plain

 

ベースとしては【黒い画用紙+白い紙+絵】です。

四隅はセロハンテープなどで固定します。(そうしないとズレるので)

あくまでも切るのはこの白い紙の「白い部分」です。

(※だからこの場合、首のところを繋げて切らないといけないわけですね)

 

で、私が取り組んだ構図はコチラ。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114154433j:plain

 

ところどころ、うまく切り抜けなかったりしたけど、何とかなりました。

(ちなみに細かいところは青木さんがやってくれます。イケメン過ぎ。)

 

ちなみに大体ここまでで40分くらい。

色々と途中で分かりやすく「コツ」や「ノウハウ」を教えてくれるので、

はじめてでもサクサク出来ました。

 

ここで一旦、小休憩。

コーヒーブレイクを挟みます。

意外と集中してやっていたからか、すごく美味しく感じます。

(さらに!人気店のEBISU 91 cafeさんのお菓子がついてきました。これまた、めっちゃ嬉しいですね!!)

 

f:id:bu-bu-karon:20161114160143j:plain

 

ちなみに人見知り(ヲタク)な私でも初対面の参加者の方と打ち解けています。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114161055j:plain

 

さて、コーヒーブレイクが終わって青木先生が一言。

 

「それじゃ、色を入れていきましょうか!」

 

私「!!!?」

 

切り絵=モノクロのイメージがあったんですが、色を多様に演出するのが、武蒼イズムなようです。といってもやり方自体は意外とシンプルで私でも出来ました。

(敢えて、テクニック的なものは書きません。ご自分で体験して頂きたいので!)

 

問題は・・・そう、「デザイン性」。

 

今の状態の切り絵はモノトーン。

色の置き方によって、変わってしまうのです。

 

これはいかん。いかん。

しかし、ここで私のデジタル技術!!!

 

①写真をとる

②背景透過アプリでpng形式にする

③ドローソフトで色を当て込む

 

これで行けるはずっ!!!

ちなみに使用したアプリはこの2つ。

 

 

アイビスペイントX - 無料 お絵かき

アイビスペイントX - 無料 お絵かき

  • ibis inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

 

そして、とりあえず試行錯誤の末、当て込んだ結果がこちら。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114163816p:plain

 

うーん、ひどい(困惑)

※ちなみにシャドウバースは面白いので皆さんにもオススメです。

 

 

いかん・・・いかんぞ・・・

心が折れて一時、離席・・・。

f:id:bu-bu-karon:20161114164223j:plain

 

そこでふと気づいたんですよ。

 

「わたし、ヲタクじゃん」

 

僕の好きな漫画の1シーンにこう言ったものがあります。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/Sanyontama/20151022/20151022211508.jpg

 

よっしゃ全力で「持ち味」を出してやる!!!!!!

 

そして黙々と作業すること1時間強・・・

 

 

出来上がったのがコチラです。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114164930j:plain

 

下部分には黄色×黒でGB版のピカチュウを演出。

背景には往年の灰色×模様の紙でポケモン感を演出。

配色も赤・緑・青をちりばめて、更にポケモン感を演出!

中央には金の入った和紙を赤・白であしらうことでモンスターボールに見立てました。

そして、後ろから可愛く「ぴょこっ」とぴかちうの尻尾を出して可愛さ∞(無限大)

 

「できた~!!!楽しい~!!!」(このときPM2:30)

 

朝10:00からおよそ4時間以上かけて黙々と取り組んだ傑作。

ほんとに参加して良かった!!!

楽しかった!!!

 

そしてこんな不器用な僕ですが後半は楽しくて楽しくて、

「まだ作りたい!!」「もっかいやる!!」ってなってました。

 

切り絵&イケメン切り絵師の魅力・・・・すげぇ。

 

ちなみに出来上がった作品は

見ていて楽しいのと可愛いのと嬉しいのと幸せなので今、部屋に鎮座してます。

 

いや~楽しかった!!

皆さんもぜひ参加してみて下さい!きっとハマっちゃうこと間違いなしです。

 

そして冒頭に書きましたが、

切り絵といえども「紙を切って貼る」でしたね!伏線回収ッ!!(ドヤ顔)

 

ちなみに申込(&詳細確認)はこちらからできます。

http://ichiki-kushikino.com/notice/post_629.html

 

ちなみに↑のニュース記事でも話題になっていた切り絵師青木さまのInstagramについてはこちらになります。

www.instagram.com

 

HPについてはこちらです。

www.musou23.com

 

※ちなみにこのポケモンのやつ、Instagramに掲載されてるので探してみてくださいね笑!!!!!! 中の人も写り込んでます・・・。

 

皆さんも参加してみてください!!!

 

(THE 余談)

そして、そういえば・・・

ポケモン新作発売まで残り4日です。

ポケモンGOで再燃した人も恐らく多いでしょう!!

みんなもやりましょうね!!私はやります!!!

 

www.pokemon.co.jp

 

 

 

撮ってきた写真を見つめなおすと色々と嫌になる話。

 どうも私です。

 

唐突ですが私、Twitterやってるんで御座います。

もうここでさえ掃き溜めレベルの文章なのに向こうはもう産業廃棄物処理施設並に酷いカキタレをつらつら書いてるんですけどね。

 

まぁTwitterって本当に「よくいったwwww!!!」的な文章が回ってきたり、色んな炎上を垣間見ることができて、本当に楽しいです。

 

さておき、先日、私のTL(タイムライン)にあがってきたのがコチラ。

 

 

「あぁ・・・(これ、わかるわぁ・・・)」

 

別段、カメラマンを名乗れるほどにいい写真を撮ってるわけでもないのですが、本当に度々この感覚陥ります。

というかここに浮上しない時はこれで死んでます。

「記事書こう!」と思って、持ち帰った写真をみて絶望し、なんとか編集かけて延命を試みるのですが、手遅れなパターンで大抵は最終的に死んでます。

 

閑話休題

 

というわけで今回は「僕が最終的に死に至った写真」をご覧頂きましょう。

※表現上何度も死にます(≠スペランカー

 

① 「朝がうまく来なかった写真」

 

f:id:bu-bu-karon:20161114100307j:plain

 

まずはこちら。

薩摩藩英国留学生記念館の写真です。

だいたい朝5時半くらいから粘って撮った写真なのですが

いまいち「朝が来た」感に欠ける写真になってしまった。

個人的に悔しい写真です。死にます。

 

② 「紅に染まらなかった写真」

 

f:id:bu-bu-karon:20161114100745j:plain

 

 一昨年くらいの冠岳の紅葉の写真。

色調補正でばっちり赤を出したのでしっかり色味があるように感じられますが、いかんせん空の白飛びが気になる。もうどうせなら夕陽が綺麗にかかる時間帯に「紅に染まっていく」感を出せばよかった。死にます。

 

 

③ 「火と陽がイマイチになった写真」

 

f:id:bu-bu-karon:20161114101249j:plain

 

その日はとても夕陽が綺麗でした。黄昏れるように煙草を吸う方がいらっしゃったのでモデルになって頂いたのですが構図がなんとも・・・。

もう少し何とか出来れば会心の出来になりそうな素敵なシチュエーションだっただけに悔やまれます。構図を練りながら、何枚か撮ってる間に「煙草の火」「夕陽」が落ちてしまった。死にます。

 

 

④ 「よぃかたがたらんかった写真」 

 

f:id:bu-bu-karon:20161114101824j:plain

 

下のロゴはわたしのペンネームみたいなものです。

タイトルは鹿児島弁。つまり「寄り方が足りなかった写真」です。

瓶の中にて熟成を進める焼酎に杜氏が「眠れ眠れ」と言ってる感を出したかったのですが、ただの風景写真になってしまいました。

もういっそのこと「酔って撮ればよかった」。死にます。

 

⑤ 「邪魔になってしまった写真」

 

f:id:bu-bu-karon:20161114102519j:plain

 

サイッコーの夕焼け空。たなびく「まぐろのぼり」。

こんなの撮るしかねぇ!って撮ったら散々な結果になったのがコレです。

もはや、これ空だけの方が美術価値があったくらいには綺麗な空だった。

料理下手な人間のやる隠し味のように、「意図的に入れたものが逆に邪魔になる」という例ですね。死にます。

 

⑥ 「空間を使いすぎた写真」

 

f:id:bu-bu-karon:20161114103259j:plain

 

いちき串木野の照島というところは異常なくらいに野良猫が多い。

どれくらいかっていうと、少し地域の中で問題視されるくらいには多い。

照島には太鼓橋というのが、その赤色が鮮やかで素晴らしいのです。

そんな中に佇む「キリッ」とした猫を撮った写真。

悪くはないのですが、もう少し中心に置いて撮ればよかったかな、と。

 

あまりに空間がありすぎるのでこんなこともやってみました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161114103120j:plain

 

ちょっとフォントを入れて雑誌風に仕上げただけ。

つまり上部分と右部分の空間に違和感がある写真なのですね。死にます。

 

⑦ 「何か足りない写真」

f:id:bu-bu-karon:20161114104210j:plain

 

フラワーパークにて撮った超個人的な写真。

「ぴかちう」ってヒマワリみたいだよね。と思ったから撮っただけの写真。

わりとアリな感じなんですが手前のヒマワリにピントが合ってないのが残念。

もっというと、もう少し「ぴかちう」の数を増やして、「何匹いるかな~?」みたいな楽しみ方をしても良かったかなと今になって思います。

ちなみに別パターン(別個体も入れた)のはこんな感じ。

f:id:bu-bu-karon:20161114111210j:plain

いずれにせよ色々と足りてない気がするので死にます。

 

・・・というわけでいつも死んでます。

 

全体的に「技量不足」を前提として、構図を考える能力とかが足りてない。

 

「たびにでます。さがさないで下さい」

 

f:id:bu-bu-karon:20161114111517j:plain

・・・・・・

 

f:id:bu-bu-karon:20161114111533j:plain

 

そういえば・・・!!

 

今年も「いちき串木野市」ではフォトコンテストを開催!

〆切は1/13(消印有効)まで!!

いやね!この企画、実は凄いんですよ。

 

スマホからでも参加OK!

②加工・合成化!

③「いちき串木野市内」で3年以内に撮ったものならOK!

 

※ってことはsnow使っていいんじゃね?You,やっちゃいなよ?

 

「・・・めっちゃユルい」

 

もちろん未発表作品縛りとかそのへんもありますので

参加の際にはお気をつけて!!

www.city.ichikikushikino.lg.jp

 

※昨年の受賞作品を見てみたい!って方はこちらからどうぞ。

www.city.ichikikushikino.lg.jp

 

私も死なない程度の写真が撮れたら応募するつもりです!!!

 

それじゃ今日はこのへんで・・・!!

 

 

 

 

今更だけど「いちき串木野」のド定番グルメをオススメする話

皆さん!串木野まぐろラーメンってご存知ですか?(知らない人は覚えてね)

「いちき串木野」「ご当地グルメ」って検索したら一番上に出てくるくらいにはメジャーなご当地グルメなのですが今日は、こちらについて語ります。

 

 串木野まぐろラーメン」

 こちらは「いちき串木野市」の4大グルメの中で一番歴史が長い料理です。

県内のみならず全国でも名を知られる有名ご当地グルメです。

(ネット情報だと、どうやら最近は三崎まぐろラーメンとか板橋の元祖まぐろラーメンの知名度に押され気味っぽい?)

提供店舗もその長い歴史の関係で増減していますが、現時点での「串木野まぐろラーメン」の提供店舗は7店舗

それぞれのお店ごとに味や具材などが異なるのも特徴なので、正直なところ、

「まぐろラーメン」といえば「コレ」みたいなのも人それぞれです。

 

 その中で今日は私の独断と偏見によるイチオシの店舗をご紹介します。

 

「大衆中華 蘭蘭」さん

f:id:bu-bu-karon:20161105152709j:plain

ここは名の通り、中華料理屋さんです。

看板にも中国代表の猛獣:パンダがいるので中華料理屋さんで間違いないですね!

ちなみに店内はこんな感じです。

 

f:id:bu-bu-karon:20161105153330j:plain

f:id:bu-bu-karon:20161105153337j:plain

厨房の奥にいるのがここの店主さん。

わりと鍋を振っているときはリズミカルに動いています。

 

そして、こちらの「まぐろラーメン」のメニューはこんな感じ。

セットと定食の違いが一瞬、判断しづらいですが「白飯」がつくかつかないか、というのがお値段100円分の差のようです。

(※左下の「焼ぎょうざ」はまぐろとは全く関係ないらしい)

 

f:id:bu-bu-karon:20161105153616j:plain

 

それで、注文したまぐろラーメンセットがこれです。

f:id:bu-bu-karon:20161105154304j:plain

 

「漬物2種類じゃね?」ってなる方もいるでしょうが、奥の方はフルーツです。

麺はちぢれ麺。スープがよく絡みます。

余談ですが、なるとの「うずまき」って見てると和みますよね。

f:id:bu-bu-karon:20161105154601j:plain

 

スープも透き通っています。味は醤油ベースですが、しっかりとした中華風。

(これ本当にまぐろの出汁入ってるの?)ってくらいには中華風。

トッピングは白髪ネギ、糸唐辛子に刻みネギ、もやしに大葉にNARUTO

それにまぐろの「ヅケ」と竜田揚げが入っています。

お好みで「わさび」を溶くのもオススメです。一気に味が化けます。

揚げ餃子もカリッとした衣に、ジューシーな餡がみっちり詰まっていて本当に美味しいのでこれまたオススメです。

 

スープを一口すすって、揚げ餃子を食べているあたりで「ご飯」が恋しくなります。

ハイ。なので皆さん、頼むときは「定食」をオススメします。

 

※ちなみにどうしても「まぐろラーメンはいや!」って人は「レバニラ定食」や「野菜炒め定食」を頼むことを推奨します。地元の人(通!)はこれをよく食べてます。

 

ちなみに「まぐろラーメン」のスタンダード的なものは「何か」と聞かれると前述のように何とも言いづらいのですが、スタンダードとも言える「インスタント麺」もあるので、そちらもご紹介します。

 

それがコチラです。

shop.ishimaru-food.jp

 

shop.ishimaru-food.jp

 

実際に「まぐろラーメン」に使われている「麺」を製麺しているイシマル食品 ㈲さんが作ってらっしゃいます。黒いパッケージが生麺タイプ、白いパッケージが乾麺タイプです。ちなみにこの乾麺の「海力」はこれで一文字だそうな。

某ゲームのベルト巻いたムキムキな四本腕の格闘モンスターとは関係ありません。

わさび入りなので一度で二度美味しい「まぐろラーメン」のポテンシャルを本場さながらに楽しめますよ!!

 

皆さんも良かったら食べてみて!!

 

ちなみに最初にご紹介した蘭蘭さんについては以下をご参考に!!

 

 大衆中華 蘭蘭

◯営業時間:11:30~14:00/17:30~20:30  ※ 定休日:月曜日

 

 

それでは皆さん、またお会いしましょう。

f:id:bu-bu-karon:20161022095709p:plain

「地かえて祭」という珍妙なネーミングの祭に行ってきた話

お久しぶりです、どうも私です。

だいぶ日が空きましたが生きています。

 

唐突ですが、皆さん「地かえて祭」というお祭りがあるのをご存知ですか?

この「地かえて祭」というのは鹿児島県いちき串木野市で行われている産業祭です。

そしてこのネーミング。「秋祭り」とかでいいじゃんね?って私も初めて行った当初は思いましたし、「地かえて」という単語、そもそも耳に馴染みのない単語です。

だから、「会場が毎回変わるの?」とか思いました。

仕事柄、知っていないといけないので勉強しました。

 

kagoshima.uminohi.jp

 

↑にも書いてあるように中国の孟子の言葉である

「地易皆然(ちをかうればみなしかり)」という言葉が元ネタなそうで。

この言葉、博学な方なら分かるかと思いますが意味はというと、

「人は皆、地位や境遇が異なるので、その意見や行為も異なるが、立場を変えれば、することも一致する。」というような意味なんです。(そりゃそうだ)

 

ちなみに孟子の離婁章句の下(三十二)にあります。

全文読みたい方はこちらが参考になるかと思います。

 

blogs.yahoo.co.jp

 

つまり、いちき串木野市水産業・商工業・農林業の方々が一体となってやる祭!ってことですね!!(なんでこんな難しい言葉を使ったんだ)

 

というわけで長い前置きになりましたが、行ってきました。

「毎年、この祭は雨が降っどね!!」と地元の方が言ってましたが、

今回は見ての通り、ピーカン晴天です。

(ただし、直前日は豪雨&雷で準備していたスタッフが地獄をみたようです)

 

f:id:bu-bu-karon:20161103113311j:plain

共催のとこの文字列で早口言葉したら口の中ズタズタになりそうですね。

入り口、近くには観光案内所ブースがありました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161103113707j:plain

なんか知らないけどすっごい賑わってました・・・

 

f:id:bu-bu-karon:20161103113808j:plain

 

で、後からよく見てみたら、もう一つ観光案内所がありました。

どうやら地域おこし協力隊の方のブースのようです。

こっちも賑わっている・・・・

 

f:id:bu-bu-karon:20161103113922j:plain

 

で、このブースは何をしているのか気になって見に行きました。

だって、見えちゃったんですもん。

f:id:bu-bu-karon:20161103115410j:plain

 

頭にジャコランタンつけてる人と謎のゴーグルに興じている子どもがそこにはいました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161103114118j:plain

 

これアレだ。絶対洗脳してるパターンだ。

この人、現代のテクノロジーを使ったハーメルンの笛吹き男だ。

 

もちろん、違います。

どうやら彼こそがここのブースの主で「地域おこし協力隊」の方だそうで、

子どもたちがつけているのは3D映像のゴーグルで、どうやら「いちき串木野市」の観光映像を3Dでバーチャル体験出来るそうな!!

 

仕組みについても教えてもらったのですが、ちょっと文章では説明しづらいので、

こちらが参考になるかと思います。

(※3DSとかの立体視とは異なる仕組みです)

 

www.fujitsu.com

 

入り口付近の時点で興味津々になった私。

そのまま会場内を歩いていると・・・

旗持ち大名のような女子高生を発見。

というか凄い大きな声で「いかがでしょうか~!!」って言ってる。

 

f:id:bu-bu-karon:20161103121218j:plain

f:id:bu-bu-karon:20161103121414j:plain

満面の笑みで「買いに来て!」って言われました。

この子たちはどうやら「カレーなる5番勝負」という食のイベントの売り子さんで、ボランティアスタッフのようです。これは行くしかないでしょ・・・。

とはいえ、この子たちの笑顔に応えるためには3種類食べなきゃならない・・・

 

f:id:bu-bu-karon:20161103121902j:plain

 

3種類・・・いや、うん。500円×3=1500円。

お腹の具合的にも、やはりあの子たちの笑顔には応えられません・・・。

私はこういう「選択」を求められる場面は非常に苦手です。

なので、ここを選びました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161103122214j:plain

 

「いちきポンカレーNEO」です。

敢えて、示された選択肢から「選ばない」という選択です。

最低な大人です。だって「NEO」ですよ?

近未来感あるじゃないですか。しかもネーミングも「ボンカレー」そっくりだし。

(そもそもボンカレーネオって商品もあるじゃない。)

どうやら「ポンカレー」の「ポン」はポンカンのようで、確かに味もフルーティでした。驚くほどにポンカンの柑橘テイストがカレーにマッチしてました。口の中を駆けていく風味。一口目の感動が凄い、まさにこれはカレー界の「NEO」だ・・・。

(※ちなみにこの「NEO」はまぐろカツが載ってるからNEOなんだそうな。)

 

その後は少し会場をぶらぶらしていました。

やはりイベントの醍醐味はお店を見ることだと私は思っています。

 

まぐろの解体と「買いたい」・TUNAと綱をかけた言葉遊びの凄いブースや、

f:id:bu-bu-karon:20161103125452j:plain

 

このように伊勢海老の頭が置いているところや、

f:id:bu-bu-karon:20161103124029j:plain

 

まぐろの町ならではの「まぐろ饅」を売っているところや、

f:id:bu-bu-karon:20161103124526j:plain

 

昔懐かしい感じの駄菓子屋さんをやっているところや、

f:id:bu-bu-karon:20161103124656j:plain

 

ハロウィン&仮装な感じのある国際交流ブースや、

f:id:bu-bu-karon:20161103125255j:plain

 

とにかく見どころが多くて凄かったです!

(全部掲載したら終りが見えなくなるレベルでした)

 

それもそのはず、今回のこのイベント会場には80を越えるブースがありました。

ステージのイベントも含めたらとてつもない数です。

会場の敷地面積もかなり広いです。

しかも、どうやら斜向かいの会場では「新酒祭り」なるものもあるようです。

正直言って(歩き疲れてくるくらいには見応えがあったので)もう歩きたくない。

出不精な私の心が折れかけてきた時に、それは会場の外にいました。

 

               \    ぴっかっ◯ゅう~!!    /

f:id:bu-bu-karon:20161103125952j:plain

 

なにこれ。めっちゃウィンクしてるじゃないですか。

しかも尻尾までついている・・・・これリヤカーですよね?

このリヤカーの周りにいる方たちは「いちき串木野商工会議所 青年部」さん。

中には次期社長だったり、既に代表取締役をされてるような、とっても偉い方なんかも混じってらっしゃるようで・・・そんな方もリヤカーを引いているらしい。

(いいんですかね・・・本当に・・・・)

このリヤカー隊は、斜向かいの「新酒祭り会場」までピストン運送してくださるようです。とはいえ大の大人が乗るわけにもいきませんので、素直に歩いて向かいます。

 

ちょうどリヤカー隊の後方では

オールドカーフェスティバルも開催していました(※2日目のみ)

 

f:id:bu-bu-karon:20161103161228j:plain

シルバーなドライバーの笑顔が最高にCOOL!! 

 

f:id:bu-bu-karon:20161103161235j:plain

 

そして、徒歩2分もかからないくらいで新酒祭会場につきました。

 正面では蔵元Barが開催されておりました。

何故か、こちらの主催会社の広報部のお姉さんから、「わたしにお酒かってください」ってキラキラした目で言われるという愉悦タイムもありましたがそこは割愛します。

 

f:id:bu-bu-karon:20161104141555j:plain

 

もちろん、お酒がメインですが子ども向けのアトラクションや若者向けの出店なんかもあって、全世代楽しめる感じのイベントですね。

 

そして、なんか雲が凄かった。

f:id:bu-bu-karon:20161104141715j:plain

 

 ぐるぐる会場を回ってくるといい具合に日も落ちてきました。

少し肌寒さを感じるあたり、秋がやってきた感覚です。

 

f:id:bu-bu-karon:20161104141902j:plain

 

そして日は落ちて・・・。

夜。この「地かえて祭」のメインイベントともいえる「花火」がはじまります。

カメラをBに!ISO100!F11! これで撮れるはず!!(ネット情報鵜呑み)

 

 

「 おおおおおおおおおおおおおおお!!! 」

 

f:id:bu-bu-karon:20161104142140j:plain

 

 

f:id:bu-bu-karon:20161104142558j:plain

 

と、調子にのって、撮ってるとこんなことになります。

(※三脚をちゃんと使いましょう)

f:id:bu-bu-karon:20161104144453j:plain

 

たまや~たまや~!!!

 

f:id:bu-bu-karon:20161104144706j:plain

 

まぁ、ハイ。 うまく撮れませんよね・・・

という訳でダイジェスト(合成加工)しました。

 

f:id:bu-bu-karon:20161104145926j:plain

 

うん、綺麗。

 

終わり良ければ何とやらと言いますので、良い絵面で今日のところはこのへんで!

 

 

それでは皆さん、また会いましょう。

 

f:id:bu-bu-karon:20161022105548p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事でやってる記事を本気で書きたいように書くと、こうなるよって話。

Facebookページの更新に限界を感じるときってありませんか?

 

f:id:bu-bu-karon:20161022105548p:plain「唐突な話ですが、最近、取材でめっちゃ外食が続いています。それで何を何処でやっているのかというと、これ。」

f:id:bu-bu-karon:20161025171528j:plain

https://www.facebook.com/Magurostamprally/

 

f:id:bu-bu-karon:20161022105548p:plainFacebookの問題点は画像が全部「ズバババ~」っと下に出てくることだと思うんです。だから、自分の意図するレイアウトで記事が書けない!ってのが残念!」

(もちろん、SNS(ツール)での情報発信での向き・不向きは大前提です!)

 

 

じゃあ、実際に書いてみよう。

 

とも思いましたが、記事内でもう一つ記事を内包するのもおかしいので別記事で

サクッと書いてきました。

 

bu-bu-karon.hatenablog.com

 

かなり縛りました。画像関係もほぼ同じ写真(手持ち)で勝負。

ただ、こっちの方がやっぱり言いたいことが書けます。

グダグダ書いたら2000字越えたので、詰め込みすぎ感ありますけどね。

Facebookはどうもタイムラインを圧迫するのと写真の表示がね・・・)

 

という訳で、今後ぼちぼちこういう取り組みを増やしていきます!

(時間がないから寝ずに書くしか無いね)

 

それじゃ今日はこのへんで!

 

 

f:id:bu-bu-karon:20161022105548p:plain

「それでは皆さん、また会いましょう」